前へ
次へ

教育に関する法律とは

教育は子供が健やかに成長していくために重要な役割を担っていますが、法律でしっかり守られています。教育基本法は教育の基本と目的が規定された法律になりますが、時代に合わせた改正がおこなわれているので、子供達が安心して教育を受けられるのがメリットです。教育の目的は子供達の学力を向上させるだけでなく、社会で生きていくために必要な人格の形成を目指していく必要があるので、平和な国を目指していくためにも大切になります。学校で教育を受けることを想定した法律として、学校教育法も存在しますが、此方は学校教育の制度や基準などに関することが規定されている法律になるので、子供達が学校で安心して勉強を学ぶとき重要な存在です。学校教育法は幼稚園と小学校から大学などが対象になりますから、幅広い年代の人達を守ってくれます。学校教育法によって小学校の6年制や中高の3年制と大学の4年制などが決まっているので、教育を受ける期間にも影響しているのが特徴です。

Page Top