前へ
次へ

不実告知などの法律を知る

高齢者が気をつけないといけないのは、工事をする詐欺などがあります。これはどのようなものなのかと言うと、作業着風の男性が訪れて近所で工事をしているので、周りの家に挨拶に来たと言葉をかけてきます。そのために高齢者は気さくに話しかけるようになったり、工事のお願いをすることによって高額な請求をされる事案へと発展することになります。代金は後日一括払いにすることによって支払うこともあり、そのまま泣き寝入りするケースも少なくありません。しかし「なんかおかしいな」とか「ちょっと高いな」と感じた場合にはすぐに法律相談をすることです。点検商法と呼ばれるものなので無料で点検をして不安を煽るケースもあり、高齢者もついつい契約までしてしまいます。このような場合に業者を名乗るところが「不実告知」という法律違反になっていることも多いので、契約の解除や訴えることができるので、どのようなケースかを把握して対処することがベストです。

Page Top