前へ
次へ

法律に関して知っておきたい事は何か

日本には様々な法律がありますが、法の中で最高に強いのが憲法になります。憲法は、他の法と同列に語られがちですが、実はそのような事はありません。法の中の法律と言われている通り、法の中の1番中心的な役割を果たしています。よく違憲審査制度があると言われることがわかりますが、法が憲法に反しないかどうかを判断することになります。これが憲法に反してしまった場合には意見となりその法案を成立させることができないわけです。あるいは、法が成立してからも違憲審査制度と呼ばれるものを適用することもできますが、いちど成立してしまった方をなくすのがなかなか難しいです。そのような意味において、成立する前の段階で違憲にしておくのが正しいやり方になります。このように考えると、憲法自体がなかなか改正できないことが理解できるでしょう。少なくとも日本は有史以来の憲法を改正したことが1度もありません。そのような状況において憲法改正は非常に大きな意味があるといえます。

Page Top